総量規制対象外

総量規制対象外のキャッシングがしたいなら

お金を借りたいとき、消費者金融やクレジットカードでキャッシングの申込は貸金業法の総量規制で融資限度額が制限され、原則として融資限度額は年収の3分の1以内という制限を受けますが、ローンによっては総量規制対象外になる商品があります。

 

貸金業法の総量規制は、利用者が無計画な借入を防止するための法律で、融資限度額は3分の1以内と制限さています。
また借入希望額が50万円をこえる場合や他社に借入が有るときはその借入残高との合計100万円をこえる場合は、年収を確認するために収入証明書類の提出を求め、年収の3分の1をこえていないかの確認をすることになっています。

 

ただ、すべてが総量規制の対象になるものではありません。
たとえば「おまとめローン」や「借り換えローン」、専業主婦が利用できる「配偶者貸付」などはこの総量規制対象外になります。
「おまとめローン」や「借り換えローン」を利用するとき、年収の3分の1をこえていても返済できると判断されれば融資が受けられます。

 

総量規制対象外になるのは銀行カードローンで、銀行は銀行法で事業をおこなっているので貸金業法の適用は受けません。
ですから、年収による制限もなく「おまとめローン」や「借り換えローン」などで融資を受けたいときは銀行の審査に通れば低金利で融資が受けられます。

 

また無収入の専業主婦でもキャッシングは可能で、銀行カードローンには専業主婦を対象にした商品をそろえている銀行もあるので安心して申込みができます。
参考サイト総量規制対象外で今すぐお金を借りたいなら!

カードでキャッシングをする方法

 

キャッシングを利用するとき、借入れや返済をするとき、最近はインターネット上で済ませる方法があります。
この方法は24時間自宅などからでも返済や借入れができるので利便性のある利用方法ですが、これまでのようにカードを使ったキャッシングはカードならではの利便性を備えています。

 

カードキャッシングは、無人契約機から申込みをしてカードを受け取る方法や郵送で受け取る方法があります。
カードを受け取ればすぐにカードを使って提携コンビニからお金を借りることもできますし、返済もできます。
カードが利用できる提携コンビニは全国いたるところにあるので、コンビニを探す必要はありませんし、買い物の行き帰りや、会社の行き帰りに借入は返済がいつでもできます。

 

また、急な出張でお金を用意できない場合や、旅行先で小遣いが足りなくなったとき、カードキャッシングならスマホや携帯で検索すると、駅前や宿泊先で利用できるコンビニを探せるのでコンビニへ行ってカードでお金を引き出すという便利な使いかたもできます。

 

ただし、キャッシングを申込む前にどこのATMが利用できるのかを調べておくことやATMの利用手数料が無料なのか利用手数料が必要なのかも重要な要素になります。
仮に自分の行動範囲のなかに利用できるATMがなければ借入や返済で足を運ぶ必要があったり、ATMの利用手数料がかかる場合は、手数料もバカになりませんのでできるだけ手数料無料で利用できる提携コンビニATMが有るところを選びましょう。

 

このページの先頭へ戻る